理屈じゃない世界を楽しめる喜びがある

理屈で考えるものではない
キャバクラの世界ってきっと理屈ではないんじゃないのかなって思っています。きっと理屈だけで考えたら、世界観を理解することは難しいんじゃないのかなと思うんですよ。

だってお金を払って女の子とお酒を飲んで楽しむ…。
別に必要ないって人もいるかもしれないですし、自分もどちらかと言えば以前はそう思っていました。でも実際に一度足を運んでみると、そうじゃないんだなってことが分かりました。

むしろ、そんな小賢しい理屈が不要というか、キャバクラは理屈で楽しむ場所ではなく、感覚で楽しむ場所だってことが分かりました。

自分自身の世界観も広がりました

考え方を変えると視野が広がる
遊ぶ時には、「自分はどうだから」とかそんな理屈は必要ないんです。
女の子と遊びたいって男の本能のままに、正直に遊べばよいだけなんです。だから自分自身、日常生活では考えられないくらいはっちゃけちゃいますね(笑)

でもそれが許されるというか、むしろそういったことができる貴重な場所なんじゃないかなと思うんです。

他に女の子とわいわい騒げる場所って、学生時代ならいざ知らず、大人になってからはなかなかないんじゃないのかなと思いますので、自分の中でキャバクラはとても貴重な場所です。